【お祝い膳の急速冷凍技術】最新の冷凍技術で美味しい・安全をお届けします

サイトマップ

お祝い膳.com の急速冷凍技術

最新の冷凍技術で美味しさをぎゅっと閉じ込めて全国へお届けします!
冷凍はおいしい!冷凍のメリットを紹介します。

冷凍は冷蔵よりも配送の安全性が優れている

冷凍は冷蔵よりも配送の安全性が優れている

届いたら中身が崩れていた・・。ということがあるかと思いますが、冷凍配送は型崩れを防止してくれます。せっかくのお祝いのお料理の盛り付けが崩れることのないよう、細心の注意を払ってお届けいたします。味も盛り付けも、作り立ての状態でお召し上がりいただけるよう、最善を尽くしております。

急なスケジュールの変更も安心、冷凍状態であれば2週間保存可能

急なスケジュールの変更も安心、冷凍状態であれば2週間保存可能

急なスケジュールの変更も安心、冷凍状態であれば2週間保存可能です。赤ちゃんの体調に合わせてお祝いの日程を調整することができます。赤ちゃんが熱を出してしまった!そんなときもお料理が無駄になることを防ぐことができます。お盆やお正月など、お店が休みの時も、お客様の都合の良い時に、儀式をはじめられます。

急速凍結でぎゅっと美味しさを封じ込めます

急速凍結でぎゅっと美味しさを封じ込めます

最新の冷凍技術で、作り立ての一番美味しい状態をそのまま閉じ込めました。冷凍で美味しさを保つ秘訣は、凍結スピードです。食品を凍らすと食品内の7~8割を占めている水分が氷に変化する際に、体積が膨張し細胞を破壊してしまいます。破壊されたところから水分や旨味成分が流出してしまい、食感や味が悪くなり品質が落ちてしまいます。凍結スピードが速いほど氷の結晶が小さいままなので、細胞を破壊せずに凍結することができます。さらに言うと、食品内の水分が凍る-5℃~-1℃の温度帯をどのくらいの時間で通過したかによって、冷凍した食品の品質は変わります。当社では、最大氷結晶生成温度帯(-1℃~-5℃)をすばやく通過させることで、冷凍前の鮮度や風味を保ったままご提供させていただきます。

徹底した温度管理で冷凍

徹底した温度管理で冷凍

冷凍食品関連産業協力委員会では、「(冷凍食品を保存する場合)-18℃以下を保持する規定」を制定しています。-18℃という温度は、食品を1年間冷凍保存することができる温度とされています。18℃以下ならば細菌の繁殖や品質の劣化を抑えることができます。つまり、冷凍保存は、細菌が活動することができない低温で保管されているのでとても衛生的なのです。当社の冷凍庫は徹底的に温度管理が行われており、厳しい衛生基準のもと安心・安全にこだわっています。

「低温解凍」で美味しくお召し上がりください。冷蔵庫に入れておくだけの簡単な解凍です。

「低温解凍」で美味しくお召し上がりください。

当社では、最も品質が保たれる冷蔵庫での解凍「低温解凍」をおすすめしております。 なるべくお客様にお取り扱いの手間をかけないよう商品づくりを心がけておりますが、せっかくのお祝いのお料理ですので、最適な解凍方法で、一番美味しい状態で是非ご賞味下さい。
「低温解凍」といいましても、冷蔵庫に入れておくだけのとても簡単な解凍方法です。 冷蔵庫にて約24時間で解凍致します。

「低温解凍」がなぜ美味しさを保つのか?

冷凍食品を電子レンジで熱をかけていっきに解凍すると、透明な液体がしみ出てきます。 これは、「ドリップ」とよばれる食材のうまみ成分です。 解凍時にうまみ成分が流れ出てしまうことにより、味が落ちてしまいます。 このドリップの流出を最小限にとどめる為には、食材の表面と内部の温度差をなるべく等しくし、全体を低温に保ちながら解凍します。 冷蔵庫内は低温で安定しているので、品質を守りながら解凍ができるというわけです。

●注意点●
解凍時間の目安は冷蔵庫内で約24時間です。ご家庭の冷蔵庫の温度によって多少前後致しますので、目安とお考えいただき、途中解凍状態をご確認いただくことをおすすめします。 解凍後は当日中に、できるだけ早めにお召し上がりください。 一度解凍したお料理は再凍結できかねます。風味が損なわれてしまうため、お控え下さい。 お赤飯は冷凍庫に保管し、お召し上がりになる直前に湯せんにて解凍下さい。

> トップページへ戻る

お食い初め/100日祝いをご自宅で

お食い初めセットの宅配通販。百日祝いの儀式に全て揃ったお祝い膳。

お食い初めとは?

お食い初めは100日祝い・百日祝いとも呼ばれ、赤ちゃんの生後100日前後にお祝いする歴史ある伝統行事です。

お食い初めのやり方/順番

100日祝いの食べさせ役は誰に?お食い初め料理の並べ方や使用する食器、食べる順番など、お食い初めのやり方と順番をご紹介。

お食い初めのメニュー・献立

お食い初めのメニューや献立をご紹介。お食い初めでは「一汁三菜」を基本としたお祝い膳を用意します。

自宅で作れるレシピ

自宅で簡単に作れるお食い初めシシピ。鯛めしなどの献立をご紹介しています。